あいとせいしゅんのひび
2013年08月分

最新月にもどる


 2013/08/27(火)                              『道マラ 』
 

「悪いこと言わないから、やめとけ」

誰かが「北海道マラソン出てみようかな」なんて言ったら
一も二もなくオレはそう言うだろう。

日曜日日、北海道マラソンでフルマラソンを走ってきた。42.195キロ。
人生二度めのフルマラソン。
やっぱりね、一般人がね、40キロもね、走るとかね、おかしいわ(笑)
完走はしたよ。4時間39分なんちゃら秒で。

人が多すぎなもんだから、スタートのピストルから
スタートラインにたどり着くまでで7分もかかったわ。
まぁ、自己ベストと同じくらい。ベストつっても、だから
去年初めて走ったその記録なんだけど。4時間33分なんちゃら秒で。

走っている間、ずーっと考えていたことがあるんだ。

「二度と北海道マラソン出ね―」

そればっかり考えてた(笑)
たぶんホントにもう出ねーわ。
辛い。辛すぎる。

オレ、あまく考えてたんだ。制限時間5時間だから、ま、
オレの実力を持ってすれば(笑)なんとか完走はできるだろ、
とか思ってて、前日の夜に詳しくパンフレットを見てみたら(ほぼ初めて)
だいたい5キロごとに制限時間が設けられていて足切りされるって
ことになってるんだ。

しかも、その制限がなかなかハードで。オレのレベルで考えると。
だから、前半がんばって後半グタってもいいや、とか
前半は体力温存で後半勝負、とか思ってるとヘタしたら
どっかのポイントで体力あっても足切り、って可能性も
あるってこと。

ようするにある一定スピードをキープして
計画的に走っていかないと、思わぬところで終了!って
ことがあるんだって。北海道マラソン。怖ろしいぜ。

体力あるうちに計算ミスで終了、とか悲しすぎるから
いつもとなんか走りが違ったのかな。力入っちゃって。
20キロくらいから足のいろんなとこが痛くなってきて
辛かったよ。

しっかし、天気予報って当るね!
途中、土砂降ったよ、雨。30キロ地点くらいだったかな。
笑ったよね、土砂降り過ぎて。
おまえらが出前でカツ丼食ってるときに、
オレは土砂降りの中、42.195キロを走る。

「オレなにやてんだ?」状態。

走る前は雨降らなきゃいーなー、って思ってたんだけど
結果、オレにとっては恵みの雨だったんだ。

30キロ地点というと、心身ともにかなりキツくなっていたところに
雨が降ったんだ。雷がゴロゴロ鳴って。ビシャーって。
もう、グッショぐしょで。足痛えーどころじゃなくて。
ま、痛いんだけど。

雨のおかげでしばし気がまぎれたのは助かったわ。
気温も涼しくなったからね。途中寒いくらいで。
それでも、けっこう給水のところで水とかスポドリ飲んだからね。
暑い日だったら完走できなかったかもな。

30キロ過ぎると、だんだんゴールがイメージできて
少しがんばれるようになるんだ。
ちらほら知り合いの応援とかも沿道にいたりするから
歩くわけにもいかねーし(笑)

驚いたのが、なんの連絡もなかったのに35キロくらいの
ところに牧野がいたんだ。エロチカのロゴ描いた紙もって(笑)
ま、オレが先にみつけて声かけたんだけど。

逆だろ。

おめーがオレをみつけて「がんばれー」って言うところだろ。
しっかし、オレもよくみつけたな(笑)

でも、よく考えてみたら沿道に応援の人はたくさんいるものの
走ってる人にくらべたら応援の人の方が少ないからね。
そっちのほうがみつけやすいのかも。

で、ラストは得意の猛烈ラストスパートでゴール。
いや、猛烈、までは飛ばせなかったな、さすがに。
40キロ以上走ってきた脚では。
それでも最後の力を振り絞ってスパートしてゴーーーーーール!

辛すぎ、苦しすぎ。

んで、この大会、1万5000人くらい参加したんだっけかな。
それでも手荷物の預かりとかなんとか、運営がすんげースムーズで
なんのストレスもない素晴らしい大会なんだ。

唯一、ゴールしてから完走メダルもらったり完走タオルもらったり    
おにぎりもらったりとかゴール後のあれやこれやの時に
人がごったがえしていて大渋滞。

早く寝っ転がりたいのにしばらく立ったままで。
一瞬マジで立ちくらみして倒れそうになったもん(笑)
ゴールしたのに立ちっ放しで休めないって辛くね?

支給されたスポーツドリンクも普通のポカリとかではなくて、
よくわかんねーけど、ぬるくてクソまずくて。
なんか体には効きそうなやつなんだけどさ。

いや、しっかしとにかく辛い42.195キロだったわ。
自分で自分を褒めてやりました。

で、もう歩くのも辛かったのでタクシーで帰りました。
マラソンやってタクシーとか、なんか間違ってる気が
するんだけど気のせいか?(笑)

あと、いろいろ面白ろおかしいこともあったんだけど
時間がいろいろアレなんで、とりあえず完走報告。
そして道マラ引退宣言(笑)

野口みずきが世界陸上の前にインタビューで言っていた
「強いまま引退したい」の言葉を借りて。
強いもクソもないけど。つーか弱いけど(笑)
ま、今まで出た大会で途中棄権したことはないので
「強いまま」ってことで。

いや、他の大会にはちょろちょろ出ると思うけど
北海道マラソンは勝ち逃げします。
次はなんか完走できない気がするから。すごくするから。

道マラおもしろエピソードは次回、書けたら。
走ってる最中「あー!あー!あー!」とか叫んでる
気持ち悪いやついたんだよ。苦しすぎたのかな(笑)

  胸に輝くは完走メダル!そして完走タオル!
  完走したものににみ与えられる栄誉はプライスレス!
  って、参加料1万円も払ってますからね(笑)
  全然うれしそうじゃないですが、疲れてるだけです。

 

 2013/08/24(土)                             『フルマラ 』
 

靴の形って変じゃね?
全体的に。

なんかさ、ほとんどのクツって真ん中の先っちょがとんがってるでしょ。
いや、アレだよ、例えばホストが履くような
もんのすげーとんがってるクツのこといってるんじゃないよ。
ごく一般的なクツの形。

どう考えても「足の形」じゃないでしょ。
足の形って、どっちかっていったら四角っぽいでしょ。
おかしいでしょ。

でしょばっかりでしょ。

たとえばアレは足の形に近いと思うんだ。
あの、ほら、クロックスとかのサンダル。
親指のところが一番とんがってて、あとなだらかなカーブで。

特に女の人のクツなんて、たとえばハイヒールとかって
どう考えても足の形じゃないでしょ。

いや、オレさ、足の形おかしいのか、すんげー靴擦れすんだよね。
普段のクツもそうだし、ランニング用のクツもなっかなか
合わないんだ。

あ、オレ、明日フルマラソンだから。

ま、それはいいんだけど、いっつも足痛くなるわけ。
ランニングの時。
いろいろ苦労して、今履いてるやつは、ま、なかなか
合ってるんだけど、30キロとか40キロとか走ると、
やっぱりね、どっかこんか痛くなるわけ。

そもそも、人間が40キロも走ったらダメだよね。

だけどオレ、明日フルマラソン走るんだ。

ま、それはいいんだけど。
絶対、クツの形っておかしいと思うんだ。

オレ、なかなかクツにはうるさくて、よくあれやこれや見るんだけど
なんかとんがったくつばっかりで、かっこわるいのばっかなんだよ。  
特に最近のスポーツメーカーのクツはダメだ。
アディダスとかプーマとか。一時期かっこよかったんだけどな。
最近、なんかね。未来のクツみてーなのばっかで。

ところで、オレ、明日フルマラソン走るわけなんだけど
天気予報、雨っぽいんだ。まいるね。

明日、おめーらが「うわー雨だよ。出掛けるのめんどくせーから
出前でもとるかー」つって店屋物のカツ丼食ってるときに
オレは走ってるから、雨の中。

まぁ、なんとか完走めざしてがんばってみるわ。
死ぬほど苦しいんだろうなー。嫌だなー。
なんで、オレは走るんだろね(笑)雨の中。

 

 2013/08/22(木)                                『 J.I 』
 

日本は再チャレンジすることが難しい国だといわれている。

「失敗」を繰り返した先に「成功」があるというのに。
一度失敗すると次にチャンスが訪れた時に「どうせ、またダメだよ」
そう諦めてしまう。そこに「成功」はない。

オレは再チャレンジした。

Jyunji Inagawaのステージに行ってみた。

稲川淳二の怪談だ。
ライジングサンの話なんだけど、もう1週間経つのか。早えーな、おい。

稲川淳二はけっこう頻繁にライジングサンにやってくる。
ライブステージに上がり怪談を聞かせるショーだ。

オレは2、3年前に初めてそれを観たんだが、驚くほどに
怖くもなければおもしろくもない。時間は夜中。眠い。
一話終わるごとに観客は減っていくのが一番怖かった(笑)

おもしろくなかったのには「運の悪さ」もあったのかもしれない。
稲川淳二の怪談はあまり聞いたことがなかったのだが、
最初に聞いた話しが過去に聞いたことのある話しだったんだ。
なんだよ、って。新しいの用意してこいよ、と。

あの話だ。

海で溺れ死んだ友人を仲間を連れて霊安室に見に行く。
すると、白い布に包まれた遺体がやけに長い。
「おい、あいつ、こんなに身長デカかったっけ?」
「そんなわけないだろ」

恐るおそる布をはいでいく。
顔が見える。確かに友人だ。太もも付近までは異常ない。
(つっても死んでるけどね)そこから一気に布をはがす。
ババァが足にしがみついて死んでたー!

って話だ。

稲川淳二以外にも、だからなんか本とかにも載ってる
有名な怪談だ。それを聞かされたもんだから、さらに
滑舌悪くて聞き取りづらいもんだから、ちっとも怖くなくて。

それが、2、3年前の初稲川。

で、今回も淳二がやってきた。
一度失敗を経験している人なら二度と行かないはずだ。
時間のムダになる可能性は高い。
その時間、他のステージでもステキなライブはやっている。

オレは再チャレンジした。

もしかしたら、と思って。

やっぱりクソおもしろくなかったわ(笑)
再チャレンジ失敗。
真っ暗闇の墓地で一人で聞いても怖くないレベル。

え、もう終わったの?っていつの間にか次の話に移っているんだ。   
たぶん、みんなの反応を知りたくないから、
シラーって雰囲気ださないために次から次って。
そういう戦法なんじゃないかな。

ところで、最近、なんか新しい怪談って聞かないと思わない?
そんなに積極的に聞こうとしてないからかもしれないけど。
いや、オレはけっこう積極的かもしれないな(笑)
でも、やっぱり聞かないんだよなー、新しいやつ。

心霊写真とかも写真がデジタル化された今、どうにでも
「うそ」をつくれるからねー、おもしろくなくなったよね。
好きなんだけどなー、怖いやつ。

動画とかも、モロ幽霊みたいの映ってて逆に怖くない。
怖いのもあるけど。
でも、いくらなんでもつくりものだよなー、モロ幽霊のやつ。        
いや、ホントかもしれないけど。

信じるか信じn(ry

 

 2013/08/19(月)                            『毎年恒例』
 

どう見ても2階建ての高さがあるんだ。
テントの話だ。
今年もまた、ライジングサンロックフェスティバルに行ってきた。

今年は特になにもなかったな。
いや、いろいろあったけど、それは毎年起こる同じようなことで
「まーた始まったよ」って笑顔で流せる風物詩。

たとえば人ごみで突如始まるシャボン玉。
なにが人をそうさせるのか。いや、楽しくて舞い上がってるのは
わかるよ。誰もがそうだろう。逆に普段と同じ方がおかしい。
だからといってなぜシャボン玉なのか。

小さい子供ならわかるよ。それは微笑ましい光景だ。
みんなの心も和むだろう。
だが、どうだろう。自分の体にペチっとぶつかり消えたシャボン玉の
発信源が、あえてはっきり言ってしまえば不細工なガール
だったとしたら。
不愉快この上ないだろう?

今回に限ってい言えば、そいつはパンダのキグルミのようなものを
身にまとっていたわけだが。

そいつの「息」がオレの腕でペチっとはじけたと思うと
「ぶっ殺す」とまで血気盛んなことを思う年頃ではないが
「どうしてキミは周りの迷惑を考えないんだい?」
「周りのみんなが不愉快なんだよ」
「せめてパンダに変身するだけにしてくれないかな、できれば
それもやめてほしいけど」
と、真顔で問いかけたくなるのが人情ってもんだろ?
シャボン玉やってる男もいたな。どうしてなんだろうね?シャボン玉。
楽しいのかね?

だから、ま、そういうのも毎年の事なんだ。
毎年、ある時期にイナゴの大群が畑を荒らすようなものだよ
(意味不明)

このイベントも今年で15回目。
いろいろ改善しながら、この種のイベントとしては
「これで文句あるなら来るなよ」ってレベルに達したように思う。

っていうのも、今回、アンケート調査しててさ。
ま、よくある内容なんだけど。「来場何回目ですか?」とか
「このイベントを何で知りましたか?」とかそんなやつ。

んで、「改善してほしい点」ってところ、
なんも思い浮かばなくて書けなかったんだよ。
その時、オレ、どんだけ楽しいんだよ、って思ったもんね(笑)

回を重ねるごとに少しずつ改善・進化した結果がそこにあるんだけど、
たとえばそれは水洗トイレの出現だったり、温泉行きシャトルバスの
出現だったり。
そして客側も確実に進化してきているのが「テント」だ。

かなり本格的装備のキャンパーが増えてきている。
キャンプ好きのオレとしては、そういうテントをはじめとする
キャンプ道具を見て歩くのも楽しみの一つなんだ。

やっぱり多くの人は、みなさんお馴染のコールマンのテントとタープって
ことになっているのだが、しかし、毎年「なんだこれ」って初めて見る
メーカーのやつとか変わった形のやつを発見するんだ。
みんなどっからそんなの探してくるんだろうね。

で、今年あるテントを見て「え?」と思ったんだ。
いや、最初は何か会場の施設かと思ったんだ。救護施設のような。
デカくて真っ赤な外観だったから。

そして、どう見ても2階建ての高さがあるんだ。
もはやそれを「テント」と呼んでいいのかもわからないが
近くに行って確認してみると、骨組みがテント生地で覆われている
構造にはなっているんだ。そして、ベニヤ板でできた扉も付いている。 

それはどうも、一般人が個人的に利用しているようなんだ。
骨組みは足場なんかに使われている単管だ。
テント生地も自分たちでオリジナルを作ったようだが。

個人のものなので、あまりジロジロ見ることもできなかったので
本当にツーフロアあるのかは確認できなかったが
ご親切にもオリジナルのテント生地には一階にも二階にも
窓のようなものがついている。本当に2階建てなんだろうか。

がっちり組立られているようだが、その周りの人は
たまったもんじゃないだろう。倒れてこないのか心配だろ。
たぶん、普段、建築とか土木系の仕事してるやつが
資材を持ち込んで「建設」したのだろうが、なにが人を
そうさせるのか。シャボン玉以上にわからない。

誰もがバカになってしまうイベント。
ライジングサンロックフェスティバル。

 

 2013/08/13(火)                               『カフェ』
 

前から疑問に思っているのはネスカフェバリスタとかってマシンだ。
まぁ、コーヒーメーカーってくくりでいいのかな。
なんかたまご型のマシンあるでしょ。
それ一台でいろいろなコーヒーを楽しめるっていう。
おうちでお手軽カフェメニュー、みたいな(笑)

なんでも、エスプレッソやらカプチーノやらカフェラテやらいろいろ。
つっても、それ、エスプレッソにミルク入れてるだけだろっつーアレだが
それは、まぁ、いい。

オレが疑問に思っているのは、これってインスタントコーヒーの粉で
つくるの?ってことなんだ。そうなんだろ?
いや、おまえ、ネットとかなんとかで調べたらすぐわかるだろ、
って話だが、そこまで真剣に疑問に思っているわけではないことは
改めて言うまでもないだろう。

でも、気になっていたんだ。少し。
今後絶対にこのマシンを買うことはないが気になっていたんだ。
少し。

インスタントコーヒーの粉でどうやってエスプレッソつくるのかなって。
まさかただ濃いだけじゃないよな?
まぁ、そんなこと言ったって、オレはエスプレッソのことを
詳しく知っているわけではない。
なんか粉をギュって詰め込んでシューって抽出するんだっけかな、
くらいだ。

そんなこだわりの味をインスタントコーヒーの粉でつくれるのかなって。
そんな味、つったって、まぁ、オレもよくわからないんだけど(笑)
なんか濃いやつだろ?くらいの認識だ。

いつだったか、てきとーに入った喫茶店でなんか知らんけど
エスプレッソたのんだら、小っさいデミタスカップっていうの?
それで出てきて、なんか照れたよね(笑)

とにかく本格的なんだろ?
そんな本格的なカフェメニューをネスカフェバリスタがあれば
ホントにおうちで気軽につくれるのだろうか?

なんだろな、この「カフェ」って言葉。
「カフェ」言っとけばオサレさんみたいな。

オレは「週末はカフェで」とかってやつを信用しない(笑)
うるせーわ、カフェみてーな顔して、って話だ。

でも、あれでしょ、コンビニのちゃんと淹れるコーヒーも
売れてるんだってね。わかんねーんだよな。
オレも、ま、コーヒーは好きな方だと思うんだけど、
コンビニでは買わないな。もっぱら飲むのは家でだ。

外にいるときコーヒー飲みてー、とか思うことないんだよな。
実はあんまり好きじゃねーのかな?(笑)
そんなことないと思うんだけど、どうも「カフェ」がつくそれらは
うるせーバカ、と思ってしまう。

オープンカフェとかさ、おまえ、よくそこに座ってられんな、ってやつ
いるでしょ。あと、ガラス張りのカフェでこっち向いて座ってるやつ。
こっち見てんじゃねーよ、って(笑)
iPadを指でスっスっスっポンポンポンって。イヤホン耳に突っ込んで。 
すました顔して。

おまえは、そこで何をやっているんだ、っていう。

早く家帰ってネスカフェバリスタでカプチーノでもつくっとけって。

ところで今週末はライジングサンなんだけど、なんか雨降りそう。
いや、でも、アレだよね。もう秋だよね。空が。
日中だって、たいした暑くないし。さみしいね、夏が終わると。
ま、オレは夏の最後にフルマラソンがまってるけどね。
早く終わんねーかな(笑)

 

 2013/08/09(金)                              『仏頂面』
 

よくわからないんだ。
昨日バンドの練習でいつも利用しているスタジオに行ったんだけど。
受付には岡本(オレが勝手につけた名前。本名も知っていたが
忘れた)がいる。

なんか知らないけど、プロ野球日ハム戦のラジオが
爆音でかかっていたんだ。

すげーうるせーんだ。

いや、なんでだろ。音楽スタジオなんだからさ、うるせーロックが
かかってるとかならわかるんだけど、なんで日ハム戦かな。
しかも爆音で。日ハムファンなのかな、岡本。

しばらくすると、野球中継が終わったんだ。
したら、今度はなんか知らないけどクラシック音楽を、
だから、なんかオーケストラのそれを爆音でかけ始めたんだ。
なんでかな。クラシック好きなのかな、岡本。

練習終わって。
支払いの時、次回以降使える割引券を毎回くれるんだけどさ。
しっかし、ただでさえ、すんげー料金安いのにさ、割引なんて
しなくていいのに。ずいぶん良心的だよね。

で、この割引券は使える「期限」があるんだ。
どのくらいの期間なのかは、忘れた(笑)

で、おもしろい企画だなーと思うのが
たまに、どのくらいの頻度なのかはわからないが、
けっこう頻繁な気もするが、期限を過ぎた割引券も使える
「ゾンビチケット」なんちゃらって期間があるんだ。

昨日がそれで。
岡本が「今日ゾンビチケット使えますよ」とか言うから
財布の中見たら、オレ、期限切れのチケット持ってて。

で、「あ、これ使えますかね」って岡本に見せたら

仏頂面「使えないチケットってないですから」って。

カチン、ときたよね(笑)その言い方に。
いやね、わかってるんだそんなこと。
わりと長く利用させてもらってるじゃない、このスタジオ。

ただのあいさつみたいものじゃない。「これ使えますかね?」って。
「はい、使えますよ」でいいじゃない。

なのに

「使えないチケットってないですから」

って仏頂面で。
おまえ、天才だよ、ひとをカチンとさせる天才(笑)

あとさ、前にも書いたんだけど予約時間間違えてた事件あってさ。
「あれ?9時で予約してましたよね」
「いや、9時半って聞きましたよ。僕、電話取りましたもん」
「あ、そうですか、じゃ、なんか行き違いあったんですね」
「いや、確かに9時半って聞いたんだけどな」
「まぁ、なんか、アレですね、別にいいっすよ」
「いや、おっかしーなー」

もう、いいっつーの(笑)
こういう言った言わない系のやつ
追及してもどうしようもないだろ、っていう。

それ以来、予約すると、もう、確認する確認する。            
自分で書いた受付表みたいのオレに突き出して
「これで間違いないですよね?ね?」とかって。
わかったっつーの(笑)

間違いを繰り返さないのは大事なことだけどさ。
いちいちカッチーンってくるからさ(笑)
ま、悪い人ではないんだろうけど。

がんばれよ、岡本。

 

 2013/08/06(火)                             『作戦変更』
 

完全に作戦変更だわ、マラソン。
今月25日の北海道マラソンでフル走るんだけどさ。

北海道マラソンつったら、以前はオレみてーな超市民ランナーが
参加するには制限時間とかなんとかで、なかなかハードルの高い
大会だったんだ。
それが、去年から超市民ランナーにも開放されて。

って、どの辺がどう変わったのかはよくわかってないんだけど(笑)
誰かがそう言ってたから、今年初挑戦することにしたんだ。
まぁ、制限時間がゆるくなったのかな。制限時間5時間。

つっても、フルマラソン制限時間5時間ってのは
その辺の市民マラソン大会よりも1ランク上ではあるんだ。

普通の市民マラソンは制限時間6時間〜無制限って感じ。
だから今回の北海道マラソンはオレにとっては
「完走はできるっしょ」ってほど楽勝ムードではない。

だけど、つい先日までは、多少の自信あったんだ。
「ま、なんとかなるべ」的な。
去年、千歳なんちゃらマラソンで走った初フルマラソンを
4時間33分なにがしで完走しているし、北海道マラソンは
真夏の大会ってことでビビッてるから(笑)
春先からけっこうトレーニングしてきたつもりだったんだ。
ま、オレなりに。

夢物語ではあるけれど、もしかして4時間キレるんじゃねーか
とさえ、思うこともなくもなかったりして。
少なくとも、自己ベストは出そう、と。

ところが、だ。先日、そろそろ最終調整に入っていかなきゃって
ことで「3時間走」をしてみたんだ。
文字通り3時間走るんだ。距離とスピードはそれほど気にしないで
とにかく3時間。

本番で4時間以上走ることを考えれば、「楽勝」でクリアして
おきたいところだ。

片道1時間半の旅だ。
扇風機の前でガリガリ君食ってるようなおまえらは
信じられないかもしれないが、1時間半も走ったら、
そこはもう北広島だった(笑)
白石あたりからサイクリングロードを走っていったんだけど。

いや、なんかもんのすげー田舎っつーか山の中走ってさ。
けっこう暑くて。ま、夏だからな。
で、オレ今来た道帰るのか〜(あたりまえ)とか思ったら
なんか急に疲れてきてさ。

結果、2時間ちょい走ったところで足止まって。
残りは歩く走るを繰り返してなんとかもどってこれたけど。
辛かった。最後の方で地下鉄乗ろうかと思ったからね(笑)

暑さのせいなのか水分補給がうまくいかなかったせいなのか。
とにかく足がとまった。キツかった。
想像以上に夏のフルマラソンは地獄とみた。
やべー、やべーよ、これ。

途中リタイヤは許されない。だって走るだけで1万円も
払ってるんだよ?途中でやめられるかっての(笑)
つっても、かなり厳しい戦いになりそうだ。

だから、もう作戦変更。

4時間切り?ぜってーできねー。自己ベスト?どーでもいいわ!
もう、あれだ、5時間ギリで完走できるようにタイム組み立てるわ。
途中にも何箇所か時間制限の関門があるんだけど、そこも
ギリで通過していくような作戦で。
作戦でもなんでもないけど(笑)

って、簡単に言うけど5時間走りっぱなしって、
どうかしてるだろ?ガリガリ君にはわけわからんだろ。

やっぱ、フルマラソンってキ○ガイスポーツだわ(笑)

残り20日間、出来るだけトレーニングしなきゃな。
つって、1週間前はライジングでオールナイトで酒飲んで
ライブ見てグダグダになってるんだけどね(笑)
体調壊さなきゃいいけどな(他人事)

いや、ちょっとね、アレだ。がんばるわ。

 

 2013/08/05(月)                                『パン』
 

負の連鎖を止めなければならない。
コンビニの話だ。

朝、よく行くコンビニがある。なんとかイレブン。
広い駐車場はいつも一杯になっている。
繁盛している方のセブンなんじゃないだろうか。
少なくとも朝だけは。

そこにいっつもパンを並べているババァがいるんだが。
とても邪魔なんだ。たぶん名前はトシ子だろう。54歳といたところか。

たまたまオレが行く時間と商品入荷がぶつかることが
多いからかもしれないが、とにかくいつもトシ子はパンを並べている。
客に背中を向けたまんま。
パンを選ぼうにも邪魔だ。
トシ子まったく客に注意を払っていないようだ。
知らんぷりでパンを並べている。

自分の仕事を早く終わらせるために、あえて客の存在に
気付かない振りをしているのか。とにかく邪魔だ。
そしてその並べ方はバカ丁寧だ。動きはそれほどノロマではない。
いや、もしかして時に俊敏かもしれないが、しかしトータルでは遅い。

なぜかといえば「パンをミリ単位で並べてるんじゃね?」
と思えるくらいバカ丁寧だからだ。
暇な時間帯ならわかるが(それでもやりすぎだが)
朝のクソ混雑してるときにそれはないと思う。

そして、先日、トシ子が新しいバイト君に仕事を教えていたんだ。

やっぱりパンを並べているんだ。

パンの並べ方を熱心にレクチャーしている。
その場面をオレが見ているということは、そう、
朝のクソ混雑の中でトシ子は新人バイト君にレクチャーしているんだ。
まぁ、これは店長とかオーナーが悪いのかもしれないが
今やるなよっていう。とにかく邪魔なんだ。

トシ子はこんなことをり力説していた。

「○○君ね、パン並べる時はね、両手の方が早いから必ず両手でね」

うるせーーー(笑)
もういいからパン並べるのをやめろって言ってるだろ!トシ子。
パン並べるのなんて片手でいいわ!
つうか、どうでもいいだろ。
もうね、そこには豊富にパンは並んでいるんだよ。
十分に選びやすい。客がいなくなってから前の方に出そうね。
その方がいいと思うんだ。

トシ子のパン並べ(前出し)はまったくもって売り上げに
貢献していないと思うぞ。
それどころか、逆にトシ子が邪魔でパン買うのやめてる客だっているぞ。
オレもたまにやめる(笑)

ほら、そんなことよりレジ1つしか稼働してなくって客ならんでるぞ。
誰かレジやれよ。よく見たら弁当並べてるやつも二人もいるぞ!
こら、オーナー、うわ、オーナーはなんかタブレットみてーなの持って
商品管理してるよ、なんだよこのコンビニ。

だけど「場所」で勝ってるんだろうな。繁盛している。
だまってても客くるから改善されないんだろうな。

ま、それならそれでいいのか(笑)

しっかし、パン並べのトシ子は邪魔だわ。
で、バイト君もパン並べの鬼になっていくのか。
負の連鎖だ。誰かどうにかしろ。

ちなみに、ここ、置いてるカップラーメンの種類少ないです。

 

 2013/08/01(木)                               『夏』
 

信じられないけど8月だ。

夏真っ盛り!
のはずだが、いまいち暑くないような気がするがどうだろうか。
年とると共に冬が(寒いのが)すっげー嫌いになって、で、逆に
暑い夏が好きになったんだけど、今年は暑さが足りない。
夜涼しすぎ。

ランニングするようになって(つっても超市民ランナーレベルだよ)
多少体質的なものも変わってきたのかな、暑さに強くなってきた
気がする。
ただ単に「感覚」の問題かもしれないけど。

あたりまえだが暑い日に走ってるとものすごく暑いんだ。
くそ暑い。
おまえらが「あちーあちー」言ってエアコンつけて扇風機の前で
ガリガリ君食ってるときに、オレは走っているんだけど、くそ暑い。

その暑さにくらべたらこんなの、って感じで感覚的に暑さに
強くなったような気がしているだけかもしれないが。

体質の変化といえば(そう決まったわけじゃないけど)
ビールが飲めなくなってきたんだ。
いや、飲めるんだけど、って、どっちなんだよ、
って言われれば、まぁ飲めるんだけど
でも、なんかあんまり、って感じで。

年のせいであんまりたくさん飲めなくなった、ってのとは
また違って、なんか不味く感じることが多い。
この前の岩見沢のフェスだって、すっげー天気良くて暑い日も
あったんだけど、なんかいまいちビールがアレだったんだ。

数年前、いや、去年まではフェスなんか行くと意味なく(笑)
ビールを飲んでいたものだが、なんか、水飲んでたな、今年(笑)

なんだろうーなー、これ。
ビール以外の酒はまぁ、特に変わりなく飲んでいるんだが
ビールがさ、なんかアレなんだ。
ま、別にマズいなら飲まなきゃいいだろ、って話しなんだけど
でも、夏はビールだろ。知らないけど。

少し思い当たるフシはある。
今月末に北海道マラソンでフルマラソン走るんだけど、
それ5月位にエントリーしてから、まーオレはビビっててさ(笑)
だって真夏にフルマラソンなんて走ったことねーから怖いんだ。

真夏にっつーかフルマラソンは去年初めて走ってそれっきり
なんだけど。
それが寒い日だったもんだからなんとかなったけど、暑い日に
走るのってほんと辛いんだ。すぐバテる。

扇風機の前でガリガリ君食ってるおまえらにはわからないと思うけど
気温が20度越えると越えないじゃ雲泥の差なんだ。
スタミナの持ちが。
スタミナってのもよくわからないが。

ま、20度ってのはてきとーに書いてみたんだけど、その辺で
何かが変わるような気がする。ま、てきとーだけど。

で、真夏のフルマラソンにむけて、けっこうがんばって
トレーニングしてるんだけど(そうでもないけど)
で、ダイエットもしなきゃってことで、だっていろいろ
フルマラソンに関する本なんか読むと、まず痩せれって
書いてあってさ。

確かに、仮に体重5キロとか落としたらかなり楽に
なると思うんだ。だって考えてみてくれよ。
5キロの米持って走るのとそうじゃないのと。

べつに米じゃなくてもいいんだけど(笑)

そんなんで、できるだけ腹いっぱい食わないとか、
できるだけビール飲まないで水を飲むようにとか
「できるだけ」ダイエット(今命名)をしてたんだ。
ここ2、3ヶ月。

結果、体重はあまり減ってないんだけど、なんでだろクソっ、って
「できるだけ」だからな、そんなに効果あるわけないか(笑)
ま、でも体脂肪はけっこう減ったし、脚とかの筋肉もまぁまぁガシっと
してきたと思うんだ。ある程度体に変化は起きてると思う。だぶん。
なんか、それが影響してるんじゃなかな。ビールがマズいの。

まったく根拠ないけど。

時期的になんかそうなんじゃないかなって。
でも、そんなことってあるかな?

だもんだから、今、ほら、大通りビアガーデンやってんでしょ?
まったく、もう行く気にならなくて。
って、毎年、そんなに行く気になってるわけじゃないけど。
ま、誘われたら行くんだけど。

そんなことより、フルマラソンの1週間前にライジングサンなんだよ。   
きっと疲れるね、2013年夏。