あいとせいしゅんのひび
2005年 2月


最新月分にもどる

『勝負』
民衆(人)が集まるところに戦(いくさ)は始まる。
と、誰が言ったか知らないが、そうだと思う。               
とはいえ、べつにここで戦国時代の話をするわけではない。

たとえば、電車の中での戦いについてである。
それは、毎日どこかで起きている。はずだ。と思う。
プライドのぶつかり合いと言えるかもしれないし、
もしかしたら平和ボケ日本に対する
アンチテーゼとしての戦いかもしれない。
んなわきゃない(タモリ)さむっ

で、電車内での「読書」の戦いである。

気になるよね、「あいつ何読んでるんだろう?」って。
音楽はだいたい想像つくんだよ。ファッションなんかで。

あのスマートな感じのOLさんは「ミーシャ」だな、とか。
あのダボダボな服の少年は「ヒップホップ系」だな、とか。
あのギターしょってる、いかにもバンドマンですって感じの少年は
「アジカン」聴いてて、オレンジレンジはクソって思ってるとか。
その横の脳j味噌が耳から流れでてるような女子高生は
「オレンジレンジ」聴いてるとか。(いいすぎ)
流行っているとはいえ、そのスーツにその大きめヘッドフォンは
どうだろう?って音楽好きを大アピールのサラリーマンは
「サンボマスター」だな、とか。んなわきゃない(タモリ2回目)

で、本だよ。本はわからないんだよ何読んでるか、なかなか。
も、ブックカバーかけてるやつはダメね。もうおまえ負けね。
わかってる、わかってる「オレ勝負してねーもん。」って気持ち。
でも、おまえ負けね。

オレも地下鉄乗るときとか悩むよ。何で勝負するか。
「町田 康」でいくか、意外性ねらって
「瀬尾まいこ」でいってみるか、とか。

でも、この勝負はなかな難しいんだよ。
だいいち、何が勝ちで何が負けかわからないんだから。
難しいラインがあるんだよ。
一見この勝負、なんだか小難しい本読んでるやつの勝ちに
見えるけど、そうもいかないわけさ。

たとえば、なんかの哲学的な本よんでたら
逆に「バカ」のレッテル貼られるわけ。
なぜ、地下鉄で「哲学書」?ってことで。
かと言って大の大人が「赤川次郎」は読めないわけさ。
(赤川次郎はおもしろいと思います。ただ、人前では読めません。)

勝敗の基準ははっきりわからないのに、
でも、勝敗は、はっきりとつくからおそろしい勝負だよ。
この「何読んでるか勝負」は。

じゃ、どうやって勝敗がはっきりするかというと
誰かが「伊坂幸太郎」を読んでたとする。
で、オレが「ナンシー関」を読んでたとする。
そこには、はっきりとオレの負けが存在するわけだよ。
なぜ、オレの負けかというと、
もう、うっかり「ナンシー関」を読んでしまいました。オレはバカです。
としか言えないんだよ。おそろしい勝負だ。気が抜けない。

って思ってるのオレだけだろーなー。
2005/2/27(日)


『ギュルギュル』
やめてもらいたい事があるんだけどね。
コンビニで買い物したときに、最後レジ袋の持つところ
ギュルギュルってネジる、それなんだけど。

なんだい?あれは。

あのねっとりとした行為。なんかの「おまじない」か?
いや、まだ、「おまじない」と言ってもらったほうが
なっとくもできるかもしれない、いやできないな。

ま、簡単な解決策としてオレが一言
「あの、レジ袋ギュルギュルってやるのやめてください。」
って言う方法もあるよ。
でもさ、そんなこと言ったら、きっとバイトの娘、頬赤らめるよ。
オレそんな趣味ないしさ。

で、ここで考えなきゃいけないのが、この行為が
組織的に行われてる、ということだよ。
決してバイトが自発的に行ってる行為ではない、ということだよ。   

きっかけは、なんだったんだ?少なくとも1、2年前までは
こんなことされてなかったはずだ。

「レジ袋の持つところの片方、手から落ちるんだよね。」
って言う客が次から次へと現れたのか?
そんなわけねーじゃん。

ま、でも会議で話したんだろうなー。
「それじゃ、全店レジ袋の持つところギュルギュルって
やるように。」って

で、新しいバイト入ってきたら、店長言うんだろうーなー
「レジ袋の持つところギュルギュルってやるように。」って。

でも、これからもなんか変なサービス増えるんだろーなー
無意味な。
でも、たのむからギュルギュルはやめて下さい。
2005/2/23(水)


『邦楽ロック』
なんのHPだかわかんなくなるので、たまに音楽のこと書きます。  

一応バンドやってるくらいなので、音楽は好きです。
なので、まぁまぁいろいろと聴きます。
このHPにもちょこちょこ書いてますが、邦楽中心です。
洋楽も、なんとか人並み以下ですが聴きます。

もちろん、なんでも好きなわけじゃなくて、
「なんだ、あのウンコバンド。」とか思うこともよくあります。

ま、でも、音楽なんていいも悪いもダサイもかっこいいもなくって
所詮、好き嫌いですからね。

でも、あれですよね。バンドやってる人たちって
なんか、心優しい人(笑)多いっていうか
まぁ、音楽を愛してるひとが多いのか
バンドとかアーティストの悪口っていうか
「おまえ、なに、そんなの聴いてんの?」的なこと
言う人、あんまりいないですよね。
酒入ってくると、また、別でしょうけど(笑)

オレらみたいなウンコバンドでも
あんまりけなされないからね(笑)
「なんか、昔のパワーないな。」とか「もう、おもしろくないな。」
とかは言われますけど。ほっとけ(笑)

でも、お互いの好きな音楽のこと
「あーだこーだ。」言い合うのがいーと思うんだけどなー。

あとさ、「日本(邦楽)にロックなんてねーよ。」とか言っといて、
自分のバンド日本語で歌うのやめてもらいたいなー。
もしかして、そいつらが歌う歌が日本(邦楽)初の
ロックなのかしらん?

最後に、ちょっと毒吐いてみました。(笑)
2005/2/21(月)


『ジェニファー・ロペス』
いきなりで申し訳ないが、
ジェニファー・ロペスについて書こうと思う。                

最初に言っておきます。
ジェニファー・ロペスについて、ほとんどなにも知らないです。
ミュージシャンなのか、女優なのか・・
CDけっこう売れるような気もするし、
映画にも出てたような気もするし。ま、どっちってこともないのかな。
でも、織田裕二とはレベルは違うだろーなー。
あたりまえか。

オレは何を書きたいのだろう。

いや、MTVとかスペシャとか見てるとよくPV流れてんだけど
どういう人聴いてんのかなーとか思って。日本人で。

いろいろ想像してみるとさ、たとえばオレがCD屋さんで
「すみません、ジェニファー・ロペスのCDどこですか?」
なんて言おうものなら、その日そこのバイトの人たちの間で
「いや、今日さ、なんか変なやつがジェニファー・ロペスとか
言ってんの。バカじゃねーあいつ。」とかって話で
もちきりになるんじゃないか、とか。

たとえば、初対面の人に「音楽何聴くんですか?」
なんて聞いたら「ジェニファー・ロペスかな。」
とか言われたらどうしよう、とか。

カラオケでジェニファー・ロペス歌われたらどうしよう、とか。
カラオケにあるか知らんけど。カラオケ行かないけど。

「これ、CD焼いといたから聴いてみ。」とか言われて
聴こうとしたら、CD-Rにカタカナで
「ジェニファー・ロペス」って書かれてたらどうしよう、とか。

悩みはつきません。
ここまで書いてると「ジェニファー・ロペス」って人が
実在するのかも不安になってきました。
2005/2/18(金)


『小麦粉』
急に気になったことがあるんだけど。

「当店のカレーは、小麦粉を一切使用しておりません。」

って宣伝文句なんだけども。
このあと「とろみは野菜のみを煮込んで・・」どうのこうのって     
続くんだけどさ。
で、「へーそうなんだ。」って思ってたんだけどね、今まで。
よく考えたらさ、何悪いの?小麦粉使ってて。
変な科学調味料でもないし。
味には、そんな影響ないと思うし。
カロリーにもそんな影響ないんじゃないかな。

って、ふと思ったわけです。カレー食べたわけじゃないのに。
こういうのって、よくあるよね。
なんとなく、見過ごしてたけどよく考えたら
「なんでよ?」てやつ。

たとえばさ

ごめん、ほかなんも思いつかないわ。       
2005/2/17(木)


『レイ・チャールズ』
これ、まずいなと思ってます。
このHPなんだけど。

今日も、いろんなバンドのHP見て勉強してたんだけど        
どーしたら、かっこよくなるのかなーなんて。
みんな、ちゃんと音楽のこと書いてんのね。
あたりまえだけど。
好きなミュージシャンの事とか最近のライブの事とか。
楽器の紹介とか。プロフィールとかも、すごいもんね。
もう、ほとんどの人影響されてんの外人だもんね(笑)
で、けっこうマニアックなミュージシャンとかね。
ほんとすごいね。あ、いやみっぽい?(笑)

でも、中にはウソつけやコラってのもあったりなかったり(笑)

オレ正直に長渕に影響されてギター始めたとか書いちゃたよ。
めんどくさいからなおさないけど。

そのうち、レイ・チャールズに影響されて・・とかにしとこうかな
旬だし。でもあの映画の俳優すごい似てるよね。歌もうまいし。

しかし、このHPがっちゃがちゃになってきたな。
バンドのページなのに「れこめん」に一個も音楽関係ないし。
ま、ちょっとコワいんだよね(笑)曲の「れこめん」は。

最近の曲に詳しくないからさー、あんまりテレビ見ないから。

2005/2/15(火)


『言葉の奥を感じる』
オレ日本人ってけっこう好きなんだけどさ。
けっこうマイナスなイメージとされてるものも。             
たとえば、無宗教なところとか。
もちろん信仰してる人もいるんだろうけどさ
なんでも楽しいとこ取りでしょ?クリスマス終わってすぐ正月とか。
ま、クリスマスは別に好きじゃないけどさ。

あと、はっきり断らないところも、よく世界から見て
マイナスなイメージで語られるけどさ。
オレはいいと思うんだよね。
「機会ありましたら。」とか「いいとは思うけどね。」とか
はっきり「ダメだ。」って言わなくてもダメなことが
伝わっていいと思うんだけどね。お互い。
なにも、なんでもかんでもアメリカ的にしなくたって。
なんかいいよね、「つまらないものですけど。」とかって。

やっぱり、ね、言葉の奥にかくされてるとこ感じなきゃ。

で、いままでの話はどうでもいいんだけどさ。
ずーっと気になってる言葉があるんだけど。

「オレあんまりテレビ見ないから。」って言葉なんだけどさ。

これってさ、こういうことでしょ?
「いや、オレはテレビなんて低俗なものは見ないんだよね。」
とか
「忙しくてテレビ見てるヒマなんてないんだよ、おまえとちがって。」
とか
「他にやるべきこといっぱいあるだろ?哲学書読んだりさ。」
とか
「おまえバカじゃねーの?テレビなんて見て。
オレはさ、株価チェックするのに忙しいの。」
とかって言ってるんでしょ?

そういうやつにかぎって、趣味「映画」とか言って
最近何見た?とか聞くと
「最近忙しくて見てないんだ。半年くらい見てねーかな。」
とかって、おい。
趣味じゃないから。下手したら病院行くより少ないんじゃねーの?

という今回のお話は、特に悪意はありません。
ま、オレはあんまりテレビ見ないけどね。

2005/2/14(月)


『好きだけど嫌い』
サッカー勝ったね。
この「だいありぃ」で何回かサッカーのこと書いてんだけどさ     
そんなにオレ、サッカーにのめり込んでるワケじゃないから。
日本代表関係の試合とキングカズだけが好きって感じ。
だから、Jリーグとか全然わかんない。

ま、それはいーんだけど。

って言っても、どちらかといえばサッカー好きです、ハイ。
でも、あの人たち嫌いなんだよね。

「サポーター」

試合前テレビカメラの前で「ニッポン!ニッポン!」
とか言ってるやつ。
なんかさ、海外の「サポーター」(っていうのかな?)はさ
ほんと楽しんでるっていうか、生活の一部っていうか
なんていうかなー「サッカーがなきゃ生きていけない。」
って感じじゃない?
で、「ニッポン!ニッポン!」とか言ってるやつって
なんか俗に言う「オタク」に見えるっていうか
おまえ無理やり生きがいにしようとしてるだろ
って思っちゃうんだよね。

なーんか日本人に合ってないような気がするっつーか。

テレビ番組とかもむりやり盛り上げてるっていうかさ。
なんでおまえが?ってタレントが「やっぱトップ下は」
とか言っちゃったりして。

ま、いつか日本代表の試合見てみたいなーとは思うけど
みんなと同じ青いユニフォーム着るとか思うとゾっとするよ。

どうしても想像できないんだよ、
「オレがみんなと同じ服着てスタジアムで絶叫する」ってシーンが

ま、別に絶叫しなくてもいいと思うけど。

2005/2/09(水)


『三都主』
ニッポン、サッカー調子いいね。カズいないけど。
来週の北朝鮮戦も勝つでしょ、カズいないけど。            

で、三都主なんだけど。アレサンドロね。もしくはアレックス。
いや、けっこう突っ込みどころたくさんあると思うんだけどさ、
どうしても、彼を日本人として見れないんだよね。
いや、日本人じゃないんだろーけど、日本人でしょ?
他の国もいろんな国の人が帰化してんだろーけどさ。

ラモス以上に違和感あるんだよね。

でも、オレが言いたいことはそんなことじゃないんだよ。
アレックスが怖いんだよ。オレ。

「殺人マシーン」に見えるんだよ。
なんかハリウッド映画に出てきそうな感じの。
すごいスピードで走ってターミネーターと戦いそうじゃない?

どうしても、アレックス見ると「殺人マシーン」って言葉が
頭をよぎるんだよね。

でも、ちゃんと国歌歌ってるのね、三都主。えらい!

カズいないけど。
2005/2/03(木)


『最近の若者』
コンビニのATMに行ったら先客がいてさ。
いかにもヤ○ザ的な組織の下っ端ですって感じの若者が。     

白いダボダボのズボンずり下ろしてはいてて。
もちろんセカンドバッグで。
薄汚れた靴はいて、もちろんかかと踏んづけて。

で、携帯で話しながら操作してんだけどさ、
「あー?今振り込むとこだって!いいから番号教えれや!」

あのここコンビニなんですけど。ちょっと声でかいよね。

で、万札を乱暴にバッグから出してやってるわけ。
コンビニで振り込む金額じゃないだろって金額を。
臓器でも売買してんのかなって勝手に想像したりして(笑)
で、何人かに振込んでてけっこう時間かかってんのさ。

で、うしろっつうか横に並んでるオレの方チラチラ見るんだよ。
「並んでんじゃねーよ。」みたいな雰囲気で

やっとそいつ終わったらさ、オレになんて言ったと思う?
「遅くなってすみません。」だって。頭ちょこんって下げて。
で、オレ「あ、はい。」だって。

いや、最近の若者は礼儀正しいね。
2005/2/02(水)


『音楽の不思議』
考え出すと不思議なことってたくさんあるよね。             

宇宙の端っこてどうなってんだ?とか。
言葉って、どうしてどこの国どうしでも通訳できるんだ?とか。

で、音楽のことなんだけど。

どうして、たとえばクラシック音楽でさ
ま、癒し方面の静かな音楽聴くとさ、誰が聴いても心地いいんだろ?
好き嫌いはあっても「うるせーよこの曲。」とはならないでしょ?
あと、リズムとかもさ、多少変則的なリズムはあっても
しっくりくるリズムってきまってるでしょ?8ビートとか
ま、リズムは国とかによって違いはあると思うけどさ。

もう、これって人間のプログラムに組み込まれてるってことだよね。

だからさー、どうしても似た曲ってできちゃうと思うよ。
歌詞だって同じ言語を使っている以上、たとえば
ラブソングをつくったら同じ言葉はでてくるよ。「愛してる。」とか。
それを、いちいちパクリって言ってたら
新しい言語作らなきゃなんないからね。

でも、なっちはだめだね。あれは。

2005/2/01(火)